読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

映画「ドクター・ストレンジ」感想と解説(ネタバレなし) これぞ時空間芸術! 魔法使いヒーローの誕生だっ!

アメリカ映画 映画批評 映画トリビア 絶賛回 アクション映画

はい、こんばんは! Machinakaです!!

 

 

 

今回批評する映画はコチラ!

 

 

「ドクター・ストレンジ」

 

 

http://blog-imgs-90.fc2.com/a/s/t/asteroidcowboy/dr_strange_2015_1229_05.jpg

 

 

 

ヨイショーー!!!!

 

 

ついにやってきました、マーヴェルの新作映画!!!

 

 

シビル・ウォー以来かな?

 

マーヴェル原作の漫画をディズニーの資金力で実写化!!!

これぞハリウッドブロックバスター映画の最高峰! 

 

 

というわけで早速言ってみましょー!!!!

 

 

 

あらすじ

「アベンジャーズ」シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバースに連なる一作で、テレビドラマ「SHERLOCK シャーロック」などでおなじみのイギリスの人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、魔術を操る異色のヒーロー、ドクター・ストレンジに扮したアクション。天才的な技術を誇るが傲慢な性格だけが欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジは、不慮の事故で両手の機能を失い、築いてきたキャリアの全てが崩壊する。手の治療と失われた人生を取り戻すため、あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力へとたどり着く。魔術の修行に励むストレンジは、強大な敵との戦いに巻き込まれていき、医師として相手を傷つけることに苦悩し、外科医に戻るか最強の魔術師として戦う道に進むかの選択を迫られる。

eiga.com

 

 


「ドクター・ストレンジ」 最新映像

 

 

 

 

キャスト

 

 

主演はこの方、ベネディクト・カンバーバッチさんです!!!!

 

 

http://img.eiga.k-img.com/images/person/88115/300x.jpg

 

イギリスの超人気俳優! あのエディレッドメインと双璧をなす、英国イケメン紳士でございまっす!!!

 

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

確か、めちゃくちゃ凄い家系なんですよね。コナン・ドイルの遠戚なんだとか。

 

 

eiga.com

 

 

はい、というわけで、ザ・ハリウッド映画の主演を張るくらいの人物はカンバーバッチレベルじゃないとね!!

 

いくらもらったんだろうなぁ、、、笑

 

褒めるからギャラの0.001%でも分けてくれませんか!?

 

 

 

 

 

 

上映前にステキなイベントに参加

 

実はこの映画、試写会で見させてもらったのです!

 

お誘い頂いたのは超有名ブロガーのモンキーさん! いつもありがとうございます!!

 

www.monkey1119.com

 

 

 

で、そこの試写会で上映前にイベントが有りまして、、、

 

 

 

 

 

なんと、カンバーバッチが、、、、!!!!

 

 

 

 

時空を飛び越えて、カンバーバッチが、、、、、!!!!!!!

 

 

 

ついに日本へ、、、、、!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来日してくれませんでしたー笑

 

 

 

 

 でも安心して下さい! 吹き替えの声優さんがいらっしゃって、とっても楽しいイベントになりましたー。

 

イベントの様子はコチラの記事をご覧ください!

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

吹き替えのキャストの方のトークや、「ドクター・ストレンジの魔法で時間が止まる!?」イベントをやったり、とっても楽しかったですー。

 

 

撮影してくださった方がいらっしゃいました。コチラも是非どうぞ!

 

www.youtube.com

 

 

 

コチラが「時間が止まる!?」イベントの様子です。キャプったから静止してるけど、実際は本当に止まってるからね笑

 

実は、この写真の中に私も映っております!!! Machinakaの日記が始まって以来、初めての顔出しですwwww

ま、誰がこの情報を欲しがっているのか定かじゃないけど笑

 

f:id:Machinaka:20170126211230p:plain

 

 

このイベントが終了したのは上映の30分くらい前で、テンションアゲアゲ↗の状態で鑑賞できたんですよねー!!

 

 

だから、仮に映画が・・・でもイベントだけでお腹いっぱいになれたんですよねー。

 

 

というわけで、イベントという接待を受けて、非常に甘口になっている状態で鑑賞してまいりましたww

 

 

 

さぁ、単にイベントだけで満足してしまったのか? 

 

それとも映画も大満足でサイコーな体験が出来たのか?

 

 

 

どっちだどっちだ???

 

 

 

 

 

それでは、映画の感想でっす!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の感想

 

 

 

 

ワッショイ! ワッショイ!!!!

 

 

ワッショーーイ!!!!!!

 

ワッショイ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

イベントもサイコー!!

映画も、、、もっとサイコー!!!!

 

 

 

 

 

嗚呼、素晴らしきかなマーヴェル映画!

 

 

 

 

スパイダーマン・アイアンマンとは違って認知度の低いキャラクターが主人公なのに、、、、 カンバーバッチの好演と驚異的なVFXで、ネクストレベルのマーヴェル映画へと昇華しておりました!!!!

 

 

 

 

 

 

ハリポタ+マトリックスの融合? 新たな映像革命

 

 

 

 

マーヴェル映画には珍しい魔法使いというキャラクター。魔法を使うための訓練シーンはまるでハリーポッターのようであり

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/216/60/N000/000/000/321945view015.jpghttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/012/216/60/N000/000/000/321945view015.jpg

 

 

戦闘シーンは基本的に時空間がゆがむため、まるでマトリックスを見ているような感覚に陥る。

 

 

 

だからハリポタ+マトリックスのような映像をずっと見ているような感覚でしたー!!

 

 

 

http://images.ciatr.jp/2015/09/16015101/ed2e94a62d48d4eed069e0252a3bfb24-640x360.jpg

http://images.ciatr.jp/2015/09/16015101/ed2e94a62d48d4eed069e0252a3bfb24-640x360.jpg

 

 

 

 

 

 

マーヴェル史上最も「軽い」映画?

 

 

マーヴェル映画、というかアメコミ映画はですねー。どんな作品でも重苦しいポイントというのはあるわけですよ。特に悪役(ヴィラン)の対立は実にシリアスになる。

ただ、、、この映画は極めて軽い! もしかしたら、あのサム・ライミ版の「スパイダーマン」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」よりも軽いタッチかもしれない。

 

 

なんたってこの映画、ずっと笑ってられるんですよww

 

 

笑い専門の脚本家が頑張った成果かもしれないけど、いくらなんでも笑わせすぎww

 

 

予告編でも笑いを誘うシーンが流れてたと思うんです

f:id:Machinaka:20170126212759j:plain

 

けど、本編ではこんなオフビートなギャグが盛りに盛られてるんですよww

 

体感では3分に1回くらい笑ったかも笑

 

 

ヴィランとのバトルよりも、笑いの方が優先? みたいなww

 

 

マーヴェル映画はコメディ映画になったのか? と勘ぐってしまうほどでしたー(^o^)

あまりの笑いの密度に驚き、「こんなのマーヴェルじゃねぇ」って怒る人もいるかもしれませんけど、、、

 

 

コメディ好きの私にとっては、大好物でございました!!!

 

 

オープニングからとっても軽いっすよ! 今までマーヴェル映画見てない人も、オススメでございます!!!

 

 

 

 

 

 

次元が違うVFXを是非とも映画館で!!

 

こちらの映画、VFXが素晴らしい!! 町が自由自在に動き、今までのマーヴェル映画では見たことのない景色が、、、 ちなみにここはNY、、、つってもわかんないよね笑

 

 

http://i.gzn.jp/img/2016/07/25/doctor-strange-trailer/00.jpg

 

ロンドン、ニューヨーク、香港、、、ハリウッド映画では超頻出、見慣れたロケ地が、ドクター・ストレンジでは非日常に変わるのです! 

 

ちなみに、これは「時空間を操る魔法」のせいで、町が湾曲し、現実にはありえない空間を作っているのです。

 

ドクター・ストレンジたちは現実世界に影響を与えないために、現実とは切り離してバトルをするんですね! だからこんなにねじまがった空間が出来る。

 

 

 

 

 

これぞ時間芸術!!!「時+空間」を可視化

 

そして最も注目すべき演出は、ドクター・ストレンジの「時と空間を操る」という魔法を映画で可視化した点!!

 

 

ネタバレは避けますけども、、、

 

時が戻ったり進んだり、別の場所に移動したり、、、、

 

この映画は、現実世界の3次元尺度ではとてもじゃないけど表せないのですっ!!

 

 

もはやインターステラーの4次元・5次元世界を超えて、無限の次元へと誘ってくれるのですっ!!

 

https://uemachi.files.wordpress.com/2015/04/interstellar-1.jpg

 

 

よくよく考えれば、とてもメチャクチャな設定です。だって、「時間」と「空間」を操れるヒーローですよ!?

 

ドクター・ストレンジは、どこでもドアとタイムマシーンが同時に使えるマッチョなドラえもんみたいなもんですよ!?

な、なんとなく鼻筋がカンバーバッチに似てるような、、、? 似てないかww

 

http://www.geocities.jp/tsuushin440/omoshiropic/doraemon/81591.jpg

 

http://www.hdrank.com/images/upload/keyword/546/9265/7933.jpg

 

 

 

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/amiami/cabinet/images/2014/34/jigs-000568.jpg?_ex=350x350&s=2&r=1

 

 

はい、そう考えると、そんなトンデモナイ設定を実写化するなんて大丈夫!?って思っちゃいますよね笑

 

 

少なくとも、他のマーヴェルヒーローには持ってない能力だよねw 

だって、時間と空間を操れるなんてチートなキャラクターを簡単には出せないよね笑

 

はい、そんなチートキャラが登場するチート映画なんですけども、実写で非常に上手く表現出来てたんですよー!!!!

 

 

 

とある街で時間が止まるんですけど、その止まる瞬間がカッコイイ~!!!!!

 

 

 

画像を張っても陳腐になるだけなんで、是非とも映画館でお試しあれ!!

 

 

 

 

そ・れ・に! 何と言っても今回の目玉は、「逆再生映像」にあると思います!!!

 

 

f:id:Machinaka:20170126221610p:plain

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/bf2001756a0fec6fa775b28922e745b844898c57.73.2.9.2.gif

 


PPAPを逆再生にしたらオッ◯イと聞こえるw

 

ドクター・ストレンジは時空間を操ると言いましたけど、時間を巻き戻したりも出来るのです! だから、逆再生のような映像が流れるのは必然なんですね!!

 

 

 

その逆再生映像がねぇ、、、とっても美しいんですよ! 

 

大衆が逆再生の中を、ドクター・ストレンジが進んでいく姿はウットリ、、、、

あぁ、、、俺は今、別次元の映像を観ている、、、映画館で観てよかったと思えた瞬間でした。

 

 

 

なんでこんな素晴らしい映像が作れるんだろう、、と思っていたら、エンドクレジットに入ってましたよ! ILMが!!

 

http://www.cganimationblog.com/wp-content/uploads/media/ilm-london-star-wars-episode-vii-thumbnail.jpg

 

 

 

 

 

 

ストーリーの考察(でもネタバレなしよ!) シビル・ウォーのアンサー映画?

 

 

 

さて、よくよく考えてみると、ドクター・ストレンジの一つ前の映画は「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」でしたね!

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

前作シビル・ウォーでは、正義のために戦ってきたヒーローが、戦いの犠牲になった一般住民から糾弾され、正義のための犠牲について深く問う映画となってましたね。

 

 

あまりにも巨大なヒーローの力。敵を倒すためとはいえ、実は数多くの犠牲を払っていることを再認識させられましたね。

確かに、アベンジャーズのせいでニューヨークが滅茶苦茶になったからね。。。

 

 

アベンジャーズを政府の管理下におく側(アイアンマンチーム)と、独自に活動を継続する側(キャプテン・アメリカ)で対立が発生しましたね。

 

ヒーローとして悪役をやっつけるためなら、いかなる犠牲を払ってもよいのか?

 

 

 

そして、

「ヒーローが人を殺してもいいのか?」

 

という根源的な問いかけが今作のテーマなのかなぁと思いました。

 

 

 

 

 

 

「人を生かす医者」から「人を殺すヒーロー」へ転向するコントラストが絶妙

 

 

本作の主人公は、ヒーローに転校する前は医者です。しかも天才外科医です。

 

内科とは違って、急な事故で命の危機にさらされた患者を手術で治す。

まさに「人を生かす職業」としての医者。

しかしヒーローへ転向し、正義のためなら多少の犠牲を払っても任務を遂行しなければならなくなる。ヒーローといえば聞こえはいいが、ヒーローは「人を殺す職業」でもある。

 

http://www.tvgroove.com/files/1480994384_1.jpg

 

 

 

主人公のストレンジはヒーローになって初めて悩む。

自分の行動のせいで死人が出てしまう。医者として人を生かす職業に就いたのに、今じゃ人を殺してるじゃないか、と。

 

 

 

しかし、ドクター・ストレンジはあっと驚く方法で「ヒーローは人を殺してもよいのか?」という課題に立ち向かいます!

 

なので、この映画におけるヴィランの倒し方は非常に独特なものとなっております!!

本当にびっくりしたwww

 

ってかアレで良いのか!?笑

 

 

私はあの結末を見て、あぁシビル・ウォーで観客に問いかけた質問を見事に返してくれたなぁ、、、と感激したのでした。

 

 

ネタバレ出来ないんで、あとは劇場でチェックしてください!

 

 

 

 

 

 

 

ドクターストレンジにと今後のマーヴェル映画との関係

 

 

 

時空間を操れる、というチート能力を持ったドクターストレンジ。彼の出現によって、今後のアベンジャーズ、マーヴェル映画にどう影響が出るのでしょうか?

 

マーヴェル映画はマーヴェル・シネマティック・ユニバース(略称MCU)に従って作られてますので、2008年の「アイアンマン」からすべてのマーヴェル映画は相互に連携し合い、ヒーロー同士が絡み合っていくのです。

 

だから、ドクターストレンジと他のアメコミヒーローが絡み合い、時に協力し、時に対立しながら物語は進んでいくのです。

 

 

実は、ドクターストレンジもマーヴェルヒーローの誰かと連携することが決まってます! 今後アベンジャーズと出会う機会も多いにあるのです!!

 

ドクターストレンジと誰が出会うことになるのか、、それはネタバレできませんw

 

ただ、定番のエンドクレジット後の映像特典を見逃さずにご覧になってください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターストレンジのチート能力を今後どう使うか?

 

 

 

実は一番気になっているところでございます。

アイアンマンやキャプテンアメリカは、スーパーヒーローで超人的な力を持っているとしても、あくまでも3次元の中の話でした。言うならば、極めてリアルに近いSFでした。

SFといえば、マイティーソーシリーズのキャラクターは神様で、魔法も使えますけども、時間を操れる能力はなかった、、はず。

 

 

しかし、ドクターストレンジの登場によって時間と空間を操れるチートキャラクターが生まれてしまった。

 

ハッキリ言って、今後のバトルはどうやって展開していくのか、パワーバランスをどう調整するのか気になります。

 

今までは力と力のぶつかり合いで、時間の尺度は変更できなかった。しかし、ドクターストレンジによって時間が変えられるようになってしまった。空間も変えられるようになってしまった。

 

この映画を見た方なら分かりますけど、、、ドクターストレンジはなんでもアリのキャラです。

どうやっても負けることはないんじゃないか? だったら他のヒーローがいくら鍛えても、ドクターストレンジの前では無力なんじゃないか? そんな心配さえしてしまう。

 

いつどこでドクターストレンジがアベンジャーズと絡むのか? 気になって仕方ありません。

そして、アベンジャーズと絡むということは、何かしらの戦闘は避けられないはず。

どうする? 強すぎるドクターストレンジ、他のキャラクターとの交通整理はどうする?

 

あえてもうドクターストレンジを登場させないとか? いや、そんなはずはないよねww

 

だってエンドクレジットを見たら、絶対に介入しそうだものww

 

 

 

はい、こんな感じ!!

 

まずはILM仕込みのVFXを堪能して下さい! そして、美しい逆再生映像を堪能すべし!!! 

 

 

 

以上です! 

 

 

劇場に走れ!!!!

 

 

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com