読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

映画の夏が始まる! 先行上映を見逃すな! 「カリコレ2016」オススメ映画特集!

こんばんは! Machinakaです。

 

 

今回は、7月16日に新宿シネマカリテで始まる「カリコレ2016」のご紹介です!!

 

 

https://i.ytimg.com/vi/ZQL3VkBKkFM/maxresdefault.jpg

【カリコレ2016】カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016

 

 

コスプレパーティーではありませんよ。新作・旧作を含めた70本が特別に上映されます! 

 

これを知ったきっかけは、映画秘宝の特集です。。。

 

とにかく早く観たいぜ!!

 

f:id:Machinaka:20160707190048j:plain

詳しくは、今月号の映画秘宝を観てね!

 

 

全作品をご紹介するのは無謀なので、、、今回は私が観たいと思っている映画をご紹介します!!!

 

シネコンで掛かっているような大作映画ではなく、ミニシアターで流れている小規模な邦画や洋画が中心になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<新作>

 

オープニング上映「Everybody Wants Some !!」

Everybody Wants Some!!(原題)

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_41.png

 


Everybody Wants Some!! Movie CLIP - Cologne (2016) - Tyler Hoechlin, Glen Powell Movie HD

 

 

 

監督: リチャード・リンクレイター 出演: ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ 70年代のハイスクール卒業式前夜を描いた出世作『バッド・チューニング』、主人公の少年が大学に入るまでを描いた『6才のボクが、大人になるまで』。監督曰く、前2作の精神的続編ともいうべき、80年代のカレッジ・ベースボールを題材としたリチャード・リンクレイター版『アメリカン・グラフィティ』、懐かしのエイティーズ・ナンバー満載の青春群像劇。本年度SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)映画祭ワールド・プレミア・オープニング作品。 2016年/アメリカ/117分/DCP/ファントムフィルム/新宿武蔵野館にて今秋ロードショー

 

はい、リチャード・リンクレーター監督の新作です。私が大好きな「6歳のボクが大人になるまで」の監督になります!

「ビフォア」三部作といい、若者の青春時代を撮らせたら一級品の監督。本作も大学に入るまでを描いているため、「もしリチャード・リンクレーターが『アメリカン・グラフティ』を撮ったら」と、期待してやみません。「アメリカン・グラフティ」は、ジョージ・ルーカスがスターウォーズの前に制作した映画で、この映画のヒットなしにスターウォーズは作れなかったかもしれません。

 


American Graffiti / 「アメリカン・グラフィティ」

 

とにかく、リチャード・リンクレーター監督の新作!! 映画ファンなら誰もがみたい!!!

席の予約は乱戦間違いなし!!

 

 

 

 

「マン・アップ」

 

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_2.png

 

 

 


「マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり」

 

 

 監督: ベン・パーマー 出演: サイモン・ペッグ、レイク・ベル、ロリー・キニア 恋愛に奥手なナンシーは、ロンドンへ向かう途中で、彼女をブラインドデートの相手だと思い込んだジャックに声を掛けられる。待ち合わせの目印の本を偶然持っていたことから始まる二人の運命を左右するクレージーな1日。ハリウッド業界人が選ぶ優秀脚本「ブラックリスト」選出の物語を『宇宙人ポール』のスタッフが映画化、サイモン・ペッグ、製作総指揮&ロマコメ初主演のキュートな1本。 イギリス/88分/BD/「マン・アップ!60億分の1のサイテーな恋のはじまり」上映委員会

 

キタ! キタ! キタ!!!!

売れっ子俳優にして映画オタクのサイモン・ペッグ主演のロマンスコメディ映画です!

 

宇宙人ポールのスタッフが結集しているということで、超々期待値の高い映画です!!!

いつもはおふざけなキャラのサイモン・ペッグが製作総指揮で、なんとロマンスコメディ初主演とのこと!!!

 

サイモン・ペッグの本気チューが観れるか!? ←どこに需要があるw

 

 

前回批評したミラクルニールに引き続き、上映時間短いですなぁ、、、

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

「神様の思し召し」

 

 

 

神様の思し召し

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_42.png

 

 


神様の思し召し - 映画予告編 [ TIFF観客賞受賞 ]

 

監督: エドアルド・ファルコーネ 出演: マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン 医大生の息子から“神父になりたい”と告白された天才外科医は、息子をそそのかした型破りなカリスマ神父に接触するも、まさかの友情が芽生えていくことに…。昨年の東京国際映画祭で観客賞を受賞! フィールグッドなイタリアン感動コメディが到着! 2015年/イタリア/87分/DCP/ギャガ/シネマカリテにて8/27(土)ロードショー

 

イタリアのコメディ映画です! 「最強のふたり」の再来か!?と呼ばれるほど前評判の高い本作。東京国際映画祭で観客賞を受賞したほどの高評価で、「最強のふたり」も同賞を受賞しています。

性格も仕事も正反対な二人のおじさんが友情を深めていく映画、、 いや、これだけじゃ興味そそらないんでとりあえず予告を見て下さい!!

イタリアのコメディ映画は、自分の中でブランド力が高いのです。。。

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

 

「ベトナムの怪しい彼女」

 

 

 

 

ベトナムの怪しい彼女

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_26.png

 

www.youtube.com

 

 監督: ファン・ザー・ニャット・リン 出演: ミウ・レ、ハリー・ウォン 突然、20歳(ハタチ)。中国や日本でリメイクされた韓国コメディベトナム版。70歳のおばあちゃん、驚異のリプレイファンタジー。 2015年/ベトナム/127分/BD/CJ Entertainment Japan

 

タイトルでピンと来た方もいらっしゃるでしょう。韓国の「あやしい彼女」のリメイクです。日本でも多部未華子ちゃん主演で映画化されましたね。

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

今回は、、、なんとベトナムがリメイクしましたww ベトナム映画はまだ観たことないので、主演俳優がどうとか、監督がどうとか、全く情報がありません。。

ただ、日本版の「怪しい彼女」が好きだったため、見に行こうかなーと思ってます! ベトナムの流行りの歌とか往年の名曲を知れる良い機会ですし!!

 

 

 

「レーザーチーム」

 

 

レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_8.png

 


本来1人で使うバトルスーツを4人で使うと…!映画『レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!』予告編

 

 

監督: マット・ハラム 出演: バーニー・バーンズ、ギャヴィン・フリー エイリアン襲来まであと5日…ヤダけど戦うしかない!パーツバラバラなバトルスーツを装着したおバカな4人組の活躍を描くSFコメディ。世界を席巻する「RWBY」の製作会社が放つ初実写長編作。 2015年/アメリカ/102分/BD/「レーザーチーム俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!」上映委員会

 

 

はい、B級感満載のアメリカおバカ映画ですww

 

ちょっと危ない香りもしますが、、、B旧映画ってことで気にしないでおきましょう笑

マット・ハラム監督、、、フィルマークスで観たらこれが初監督作品みたいです。おバカな映画が好きな私にとっては、、、良作なのか?駄作なのか?、、、楽しみです♪

 

 

 

 

 

<旧作>

 

「アメリ」

 

アメリ

http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/img/bamen/prog_47.png

 


Amelie (2001) Trailer

 

監督: ジャン=ピエール・ジュネ 出演: オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ 幸せになる――今年1月、30年の歴史に幕を下ろした「渋谷シネマライズ」で36週のロングラン!歴代1位のヒット作に思ひを馳せて…。 2001年/フランス/121分/35mm/アルバトロス・フィルム(2001年11月17日劇場初公開)

 

旧作では一番期待している映画です!! ミニシアター好きだけじゃなくても、誰もが知っている有名なフランス映画でしょう。当時映画館に行けてない私としては、是非とも当時の熱狂を味わってみたいんです!!

 

配給会社的には、まさか当たると思ってなかった映画だそうです。配給したのは「アルバトロス」さん。

今では色んな映画を配給していますが、元々はホラーやモンスター、スプラッターモノの映画ばかり配給するゲテモノ映画配給会社として有名だったそうです。

www.albatros-film.com

 

アルバトロスの配給担当者が、この「アメリ」をゲテモノ映画だと勘違いして買い付けたところ、爆発的な大ヒット!! なお、「アルバトロスが手を付けた映画はヤバイ」と噂が周り、他の配給会社が「アメリ」に一切興味を持たなかったそうですww どんだけアルバトロスさん怖がられてるんだよww

 

 

 

以上です!! ミニシアターが主役の映画祭!! 非常に楽しみです!!

 

皆さんのカリコレでのオススメ映画も教えて下さいな♪

 

 

それでは~

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com