Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

美女2人がキアヌ様のムスコをノックノック! イーライロス監督の作風を解説! 「ノックノック」批評

こんばんは! machinakaです。

 

今回批評する映画はコチラ!

 

 

「ノックノック」

 

 

 

f:id:Machinaka:20160616001952j:plain

https://i.ytimg.com/vi/CCVnOb7l7A8/hqdefault.jpg

 

 

はい、我らがイーライロスさんの最新作が、ついに日本上陸です!!

 

主演は我らがキアヌ・リーブス!!   どんだけ男臭い映画なんだ!?笑

 

イーライロスとキアヌリーブスときたら、観ないわけにはいかないでしょ!!

 

 

というわけで早速行ってみましょーー

 

 

 

 

1. あらすじ

 

キアヌ・リーブス主演、「ホステル」「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督によるサイコスリラーで、理想的な家庭を築いた良き父親が、一晩の快楽の誘惑から破滅へと突き落とされる様を描いた。仕事のため、家族と離れ、1人留守番をすることとなったエヴァン。その夜、ノックの音に玄関のドアを開けると、そこには2人の若い女性が立っていた。道に迷ったという2人を親切心から家の中へ招き入れたエヴァンは誘惑に負け、彼女たちと一夜をともにしてしまう。それはエヴァンの地獄への第一歩だった。「グリーン・インフェルノ」で初主演を務め、ロス監督の妻でもあるロレンツァ・イッツォが美女の1人ジェネシスを演じる。 

http://eiga.com/movie/84353/

 

 


『ノック・ノック』予告

 

 

 

 

はい、家庭円満なキアヌリーブスが2人の美女と出会ってしまい、一夜の過ちが地獄の始まりだった、、、

 

男にとっては恐ろしくもあり、魅力的でもある話

 

美人でナイスバディなギャル2人がキアヌのムスコをノックノック!  

 

 

 

アナタならどうする? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.監督の作風

 

 監督はイーライロス。1972年のアメリカ生まれです。最近は毎年一本映画を作っているイケイケな監督です。

 

 

f:id:Machinaka:20160615234544j:plain

http://image.eiga.k-img.com/images/person/15486/300x.jpg?1445252620

 

 

 

 

彼の作品には、必ず共通するプロットがあります。因果律やルールと言ってもいいかもしれません。

 

 

①主人公には何かの下心があり、誘惑に負けて何かの一線を越えて甘い蜜を吸ってしまうこと

②主人公が一線を越える前に、誰かから「止めておきなさい!」と忠告されること

③一線を越えた後は、天国から地獄へと一変。まさしく自業自得のスリルムービーとなってしまうこと

④最後の最後で、「お前らも気をつけろ!」と教育的なメッセージを語りかけてくる。

 

 

主人公が被る全ての被害は自業自得なんですね笑

 

 

また、本作を覗いて殆どの作品で、主人公はアメリカの大学生の旅行者であることが多いという、異常に限定されたキャラ設定なんですw

 

例えば、彼の代表作である2005年からの「ホステル」シリーズ

 

 

ホステル 無修正版 [Blu-ray]

ホステル 無修正版 [Blu-ray]

 

 

 

アメリカの大学生達が東ヨーロッパに旅行したら、宿泊したホステルで会った美女達と一夜の情事に、、、その後は拷問されるハメにw

 

 

 

次に、2012年の「アフターショック」

 

 

アフターショック Blu-ray

アフターショック Blu-ray

 

 

こちらもアメリカの大学生がバカンスのためにチリに旅行! 仲間の一人が「もう帰ろうよ!」と言ってもパーティーに夢中になっているアホ学生たち。

しかし、パーティー中に大地震が発生! パーティーをしていたクラブの近くには刑務所があり、地震に乗じて受刑者たちが大脱走!!

無法地帯となったチリで、大学生たちは生き残れるのか!?

 

 

そして、2014年のグリーンインフェルノ!

 

 

グリーン・インフェルノ(字幕版)
 

 

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

またしてもアメリカの大学生が、南米のアマゾンに環境問題を訴える活動を行う。

しかし、帰りの飛行機が不時着し、出くわしたのは食人族!!

次々と食われる仲間達! 主人公の女子大生は生き残れるのか!?

 

 

 

そして、最近の作風として、カミさんスターシステムを採用している、ということ。

 

日本でいう、園子温監督と神楽坂恵さんみたいな関係ですw

 

 

 

f:id:Machinaka:20160616012933j:plain

http://buzztrendnews.up.seesaa.net/image/kagura02.jpg

 

 

 

 

 

イーライロス監督は2013年のグリーンインフェルノで主演を務めたロレンツァ・イッツォさんと結婚したんです。

 実は2012年のアフターショックの出演をきっかけに結婚したそうです。

 

f:id:Machinaka:20160615235548j:plain

http://img.wennermedia.com/480-width/1415603248_roth-zoom.jpg

 

 

そして、本作でも彼女を映画に出演させます。役所は、キアヌリーブスを襲う美女! 写真右ですよ!

 

 

f:id:Machinaka:20160615235656j:plain

http://pixel.nymag.com/imgs/daily/vulture/2015/10/10/10-knock-knock.w750.h560.2x.jpg

 

 

映画ではキアヌとセクロスしてるんですけど、あそこはスタント使ったんですかね?笑 

 

私だったら、いくら演技とはいえども、カミさんに他の男のムスコを握らせるなんて、何が何でも拒否です!!! 

あ、、でもキアヌ様なら、、いいのか?笑

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、、、映画の感想です!

 

 

 

 

 

3.映画の感想

 

 

 

イーライロス監督、今回もブレてないっすね!!

 

 

 

私の予想通り、イーライロス監督お得意の、「自業自得」型の映画でした。そして、既存の作品と全く同じルールで作られていることにびっくり! 監督、ブレないねぇぇ。。

 

 

今まで一度もイーライロス監督の作品を見てなかったり、作風を知らない人にとっては、唖然とするでしょうね笑 だって、たった一度の過ちでなんでこんな目に会わなきゃいけないんだ! 理不尽だろ! と感じるかもしれません笑

 

 

 

この「理不尽さ」や「過剰さ」がイーライロス監督の持ち味で、映画的な表現として非常に優れてるんですよ!!!

 

 

 

 

ストーリー性より、作品のコンセプトだったり因果律を重視するので、彼の特徴が分かってないとイマイチ理解できないと思います。

 

 

逆に、監督の作風を理解している(と自分では思っている)私は、非常に楽しめる映画でした!!

 

 

それでは、作品のルールに沿って批評していきましょう。

 

 

ルール①

主人公には何かの下心があり、誘惑に負けて何かの一線を越えて甘い蜜を吸ってしまうこと

 

ここが素晴らしかった! 完璧な誘惑でしたね!!

 

よくよく考えてみてください。

美人な奥さんと子供二人。絵に描いたような家庭円満です。

壁には家族の写真はこれでもかっていうくらい絵が飾ってあって、ここの時点で笑ってしまいました。だっていくら家庭円満だからって写真貼りすぎじゃないですか!?笑

 

そんな仲の良い家族ですが、家族は休暇で旅行へ、父のキアヌは自宅で仕事をする。

つまり、彼には珍しい「ひとりぼっちの夜」なんです!!

いくらキアヌが良き夫でも、男がひとりぼっちの夜にどんな妄想を抱いているのかは、、男性諸君なら分かるよね!?笑 

 

 

そして、深夜に突然キアヌの自宅を訪れた美女二人のベルとジェネシス。どう考えてもおかしいコンビ。絶対家に入れてはいけないような連中、、、そんなことは分かってます。

でも、、、、

 

f:id:Machinaka:20160615235656j:plain

http://pixel.nymag.com/imgs/daily/vulture/2015/10/10/10-knock-knock.w750.h560.2x.jpg

 

 

 

こんなの卑怯だぜw

 

 

 

こんなの、キアヌでなくても、男なら100%家に入れるっつーのwww

私でも、、、多分家に入れる、、、いや絶対ww 

 

 

この「エロさ」を自分の奥さんまで使って演出したってことと、「ひとりぼっちの男の夜」という最高のシチュエーションを作ってくれた脚本に感謝感謝です!!!

 

そして、、この後美女二人とキアヌはチョメチョメするんですが、、なんと! 美女二人のオパーイが拝めます!! 再度確認なんですが、片方は監督の奥さんですからね笑

いくら映画とはいえ、カミさんの裸を全世界に公開するって、、、いいのかよww

 

 

 

 

ルール②

主人公が一線を越える前に、誰かから「止めておきなさい!」と忠告されること

 

これは、誘った側のベルとジェネシスが自ら何度も忠告してますよね?

 

自分から家に入ろうとはせずに、キアヌの「おいでよ」の一言を待っている。むしろ、最初は帰りたがっている感じだったしw

 

中に入れた時点で、もう終わりだったんでしょうねー。この時点で既に、キアヌには罪があるんですよw 理不尽ですけどねー笑

 

この時のキアヌの笑顔ったらないですよねw

 

 

 

 

ルール③

一線を越えた後は、天国から地獄へと一変。まさしく自業自得のスリルムービーとなってしまうこと

 

この映画は、ホステルのような肉体的な拷問は少ない分、精神的な拷問が凄かったと思います。男としての弱みを握られ、夫の尊厳を踏みにじられる設定。正直見ていて辛かったですねー(褒めてます)。

ここの描写は、「美人局怖い!」映画ですね。

 

甘い蜜で吸わせて、、、

 

f:id:Machinaka:20160616003836j:plain

https://i.ytimg.com/vi/x92cm_7s0OM/maxresdefault.jpg

 

気がつけば地獄w

f:id:Machinaka:20160616003939j:plain

http://beagle-voyage.com/wp-content/uploads/2016/02/Lado-oscuro-del-deseo-estreno-Mexico-critica-resena-3.jpg

 

 

 

ルール④

最後の最後で、「お前らも気をつけろ!」と教育的なメッセージを語りかけてくる。

 

ここは、最後のシーンでベルとジェネシスがハッキリ言ってましたね。ここはセリフで伝えないで、隠してもらった方が良かったんですけど、、、 多分セリフにしなくても、ちゃんと見てたら分かりますよw

 

大事なのは、「理不尽な話だなぁー」と嘆くのではなくて、監督のメッセージをちゃんと受け取ることですね。そして、鑑賞後に「お前がキアヌだったらどうする?」ってキャッキャ言い合うのが正しい映画の見方だと思います笑

 

 

そして、ベルとジェネシスがボソッと喋った衝撃のセリフ!! これを見逃してはいけません。。。

 

このセリフから察するに、、、

 

 

あの二人も誰かの指示でキアヌを襲っていた」のです。

ネタバレ防止のため、「」内は白文字です。ドラッグorコピーすれば見れますよ(^o^)

 

 

まさにホステルに繋がる構造ではあるんですけど、、イーライロス初見の人には「?」でしょうねww

 

 

 

4.キアヌ様の考察

 

 

 

 

キアヌ、、、お前って奴は、、、、最高で最低だぜ笑

 

f:id:Machinaka:20160616000035j:plain

http://wheresthejump.com/wp-content/uploads/2015/10/knock-knock-2.jpg

 

 

見事に美女二人に騙される結果となったわけですが、この映画で余計に好きになった人は多いんじゃないでしょうか?

 

 

完璧な汚れ役だったと思いますね。マトリックスで得た名誉と栄光は、、いったい何だったのか笑

 

 

気になったのは、前作「ジョン・ウィック」の共通点。

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

共通点①:家族が居ない家で襲われる

共通点②:またしても愛犬家

共通点③:ジョンウィックと同じような豪邸

共通点④:紺色のスーツ

 

単なる偶然なんでしょうけどねー

 

 ただ、ジョンウィックの記憶がまだ新しくて、「これジョンウィックだったら、、、」と妄想してしまうことも笑

 

 

 

 

 

 

 

 

5.一個だけ文句を言わせてくれ!

 

 

大絶賛で締めくくりたいんですが、一つだけ文句言わせてください!!

 

今回のパンフは本当に酷いぞ!!!

 

f:id:Machinaka:20160616005410j:plain

http://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra175/users/9/3/1/1/sitting_inthe_park-img600x450-146527230300vgdz18478.jpg&dc=1&sr.fs=20000

 

私は買ってないんですけど、映画館で売っているのを立ち読みしました。

 

確か4ページくらいしか中身がなくて、500円でっせ!?

 

確かに他のパンフよりは安いけど、それでも500円っておかしいよね!?

 

完全に金儲けのためのパンフっていうか、中身のないパンフでしたねー。。。なので、絶対にパンフは買っちゃダメです。損しますよー。。

まぁ私が言うまでもなく、実際の薄さにドン引きすると思いますが笑

 

 

 

 

 

 

 

はい、ということで、大変おすすめな映画でした〜。彼の作風を理解してから臨むと面白いと思います〜〜〜。

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com