Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

日本映画もここまで出来る! おバカコメディでみんなで笑おう! 「HK 変態仮面 アブノーマルクライシス」批評

こんばんは! Machinakaです。

 

今回批評する映画はこちら!

 

 

「HK 変態仮面 アブノーマルクライシス」

 

 

http://cdn.top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/028/927/134/28927134_55465.jpg

http://cdn.top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/028/927/134/28927134_55465.jpg

 

 

はい、前作の「変態仮面」に続く、まさかの続編です。

本日新宿バルト9で鑑賞してまいりました〜。

 

前回の記事で、5月で一番楽しみな映画だと断言しました。

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

期待通りの作品になったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

1.あらすじ

 

 

www.youtube.com

 

あんど慶周のコミック「究極!!変態仮面」を実写映画化して話題をさらった「HK 変態仮面」の続編。前作から引き続き「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督がメガホンをとり、主人公・色丞狂介/変態仮面に扮する鈴木亮平やヒロイン・愛子役の清水富美加をはじめ、ムロツヨシ、安田顕らメインキャストも続投。新たに柳楽優弥、水崎綾女、皆川猿時、新井浩文、やべきょうすけといった実力派俳優たちも出演する。愛子のパンティを被って変態仮面となり、悪と戦う狂介。しかし、狂介と愛子の思いは徐々にすれ違い、愛子は狂介にパンティを返してもらうことに。同級生の真琴正は、気付かぬうちに愛子を傷つける狂介を、憎しみの目で見つめていた。愛子のパンティを失った上、世界中からパンティが消えるという事件が発生し、絶体絶命に陥る変態仮面の前に、最強の敵が出現する。

http://eiga.com/movie/84409/

 

 

はい。予告を見ればわかる通り、小学生が喜ぶような下ネタ満載の、一回見るだけで頭が悪くなりそうな映画です笑

何も考える必要はありません。ただ、変態仮面の下半身を見ていれば笑えます。それ以上でもそれ以下でもない映画なんですけど、何故か私には魅力的に感じる。。。

 

 

 

 

2.キャスト

 

主人公はもちろんこの方、鈴木亮平さん!!

 

http://img.cinematoday.jp/a/N0082432/_size_240x/_v_1462658520/main.jpg

http://img.cinematoday.jp/a/N0082432/_size_240x/_v_1462658520/main.jpg

 

Machinakaの日記的にはお馴染みの俳優さんですけども、この変態仮面は鈴木亮平さんなしには語れない。前作の「変態仮面」では、全く無名の状態に近い売れない俳優さんでした。

変態仮面に合わせて、なんと一年以上筋肉トレーニングやポージングの研究を行い、「変態」という役になりきろうと、大真面目に取り組んだのです。

 

その後の鈴木亮平さんのご活躍はみなさんの知るところですよね。NHKの朝ドラにも出て、ゴールデンタイムのドラマにもバンバン出て、売れっ子の俳優になりました。それもこれも、全てはこの「変態仮面」の演技があってこそ、彼の原点を知る上でも、変態仮面は必須なんです!

 

詳しくはこちらの記事にも書いてます。

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

そして、ヒロインを演じるのは清水富美加ちゃん

 

http://yurarilabo.com/wp-content/uploads/2015/08/2458_1.jpg

http://yurarilabo.com/wp-content/uploads/2015/08/2458_1.jpg

 

彼女もNHKドラマ「まれ」に出演し、今や売れっ子女優になりました。

 

脇を固めるのは、安田顕さん。今回もキーマンになってます。

http://image.eiga.k-img.com/images/person/74123/300x.jpg?1366091147

http://image.eiga.k-img.com/images/person/74123/300x.jpg?1366091147

 

前作は変態仮面のライバルとして登場しましたが、今回はどんな役になってるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

3. 映画の感想

 

最初から最後まで爆笑!! 

何度も同じ下ネタだけど爆笑!!

キレッキレのパロディに爆笑!! 

会場のみんなと爆笑!! 

 

 

もう、ずーっと笑ってられる映画でした。もう最高!!

 

今いろんな映画が上映されてますけど、ディズニー嫌いって人は、間違いなく「変態仮面」をお勧めしますよ!

 

これを見ないと、損ですよ!!! って言いたくなるくらい、超楽しめました〜。

 

相変わらず下ネタは酷いんですが、何なんですかね、あれくらい突き抜けて下ネタやってくれると、バカバカしすぎて笑えちゃうんですよね。

好感を持てるのは、いたってキャスト陣は真面目にやってるってこと。予告編を見ればわかるんですけど、一言も「爆笑」とか「コメディ」なんて言ってないんですよ。

 

そこが偉いですよ、この映画は。日本のなんちゃってコメディ映画なんか、「爆笑必至」だなんて言い張って失敗してますからね。

 

 

一番大きいのは、映画館で見に行ったところです。特に、バルト9で観れたのがデカイ!! というのも、変態仮面にとってバルト9は非常に大切な場所。

変態仮面の一作目は劇場公開を考えずにOVA的な売り出しで行こうとしたらしいです。しかし、バルト9が先行上映し、全国に広まったという逸話があります。

 

つまり、バルト9で変態仮面見る人は、真のファンなんだと思うんです。今日見に行きましたけど、笑いの熱量が凄かったですからねー。映画館の力って絶大なんだなぁーと感じました。

 

 

 

 

 

 

4.アメコミのパロディも良かった

 

 

詳しくは5月の映画紹介に書いてあります

 

machinaka.hatenablog.com

 

最初は、マーヴェルスタジオのオープニングのように、漫画がパラパラめくられるシーンから始まります。そこでもう爆笑なんですけど、パロディはまだ終わってなかった。

 

スパイダーマンに対してのリスペクトというか、バカにしているというか、、今回は変態仮面が、スパイダーマンのように糸見たいな物を吐きますから笑 変態仮面の場合、糸ではなく縄なんですけど。なぜ縄を出すのかは、映画を見てからのお楽しみってことで。

 

 

http://bd-dvd.sonypictures.jp/amazing-spiderman2/media/images/ui/promos/desktop/promo_12t.jpg

http://bd-dvd.sonypictures.jp/amazing-spiderman2/media/images/ui/promos/desktop/promo_12t.jpg

 

それだけならまだしも、なんと今回の映画で変態仮面がニューヨークに行くんですよ!!

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/Ryos-sabo/20150510/20150510233318.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/Ryos-sabo/20150510/20150510233318.jpg

 

ニューヨークで、壁に登って糸みたいなものを出すって、もうスパイダーマンしかありえないじゃないですか笑

 

まぁここは知ってる人なら大爆笑できたと思います。大体笑ってる人ばかりでしたけど笑

 

 

 

5.テレ東の深夜ドラマ感がたっぷり

 

 

監督の福田雄一さんは、テレ東の深夜ドラマで放送していた「勇者ヨシヒコ」シリーズで監督をしていたんですね。その経歴もあって、変態仮面ではテレ東の深夜ドラマ独特の笑いが多く入ってるんですよね。

 

今回も変態仮面のライバルとして出てきたムロツヨシさん

https://rank.cd-cdn.com/image/upload/q_90/rankingshare-8d67ac9052a911e48efa06e0b9b52e4fc5e3a345edf10ea524.jpg

https://rank.cd-cdn.com/image/upload/q_90/rankingshare-8d67ac9052a911e48efa06e0b9b52e4fc5e3a345edf10ea524.jpg

 

なんか、この人を見るだけで「テレ東っぽいなぁー」って思ってしまいますけど。彼の活躍によって、やたらと長く感じる映画でも飽きずに楽しく鑑賞できました。

 

テレ東の笑いで特徴的なのは、「普通の日常会話をあえて入れてグダグダ喋る」ことにあるんですよねー。

 

普通なら絶対に入れる余地がないしょうもない日常会話のギャグシーン。「勇者ヨシヒコシリーズ」だったり、「メシばな刑事タチバナ」の佐藤二朗さんとかが得意とするギャグでしたねー。

 

 

f:id:Machinaka:20160514222831j:plain

http://stat.ameba.jp/user_images/20130510/21/jhyonyon/7d/22/j/o0480027012533810668.jpg

 

 

というわけで、オススメの映画です!!!

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com