読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

クレしんの王道を貫いたおバカ・マッドマックス! 「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド」批評

 

こんばんは、machinakaです。

 

今回批評するのはこちらの映画

 

「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド」

 

 

 

 

f:id:Machinaka:20160416144755j:plain

あぁ、こんな夢みてぇなぁ。。

 

今回のクレヨンしんちゃんは、夢が舞台です!!

 

 

1. あらすじ

 

 


『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』予告編

 

 

 

 

夢を吸い取る機械が春日部に持ち込まれてしまい、楽しい夢を奪われ悪夢しか見れなくなった春日部市民たち。シンちゃん達は、転校生のサキちゃんと共に春日部防衛隊を結成し、夢の世界を取り戻そうとするが、、、

監督はクレしん映画の初期から参加している高橋渉さん。監督と共同脚本を務めたのは、芸人の劇団ひとり。さらに、ゲスト声優として安田顕、吉瀬美智子を迎える中、特別キャラとしてとにかく明るい安村も映画初参戦!!

 

 

 

はい。今スマホから打ってるので、映画.comのコピペは面倒くさいのでやめています。

 

 

 

 

 

2. 映画の感想

 

クレヨンしんちゃんといえば、原恵一監督下で2001年のオトナ帝国の逆襲、2002年のアッパレ戦国大合戦の名作が生まれて以来、クレしんの新作映画は常にこの2作と比較されてきました。

 

 

しかし、本作はこの2作を超えた極上のエンタメ作品に仕上がってると思いました。

 

 

 

子供も、大人も、お年寄りも、

 

 

オススメです!!!  絶対劇場で見てください!!!

 

 

もうここで批評を終わりたいくらい、何も言いたくありません笑

 

 

映画館に行って、爆笑して子供(他人ですけど)と一緒に帰る。

 

最高過ぎるよ!!    何の前準備もなしに、フラッと行って楽しめる映画です!!

 

 

日本映画、アニメ映画、子供向け作品が嫌いなそこのアナタ!

 

本作をきっかけに観るべきですよ!

 

 

今回は大絶賛しかありませんので、なぜここまで面白く仕上がったのかを説明していきます。

 

 

 

 

 

 

3. クレしんなりの王道で勝負して最高!!

 

 

クレヨンしんちゃんといえば、小学生が大好きな下ネタの不謹慎ギャグ。うんこ、ちんちん、おしり、おっぱい、、、

 

書くだけでIQ下がりそうです笑

 

 

今回は下ネタを徹底的に追及することで、過去作よりも圧倒的に笑える傑作に仕上がってます!!

 

最初からぶっ飛んだ下ネタ描写で、観る人を釘付けにしました。

 

なんと、最初のワンシーンから下ネタ、、ていうか下半身? で始まるので、絶対に、絶対に遅刻は厳禁ですよ!!!

 

 

f:id:Machinaka:20160416151536j:plain

 

 

 

まぁ今回は、何回お尻が出てきたことか、、笑

 

 

 

 

4.  声優のコンビネーションが最高!!

 

f:id:Machinaka:20160416151953j:plain

 

 

クレヨンしんちゃんの声優は、アニメ開始以降ほとんど変わらずに同じ声優さんでやっています。

そこがドラえもんとは違う点ですね!

 

今回もお馴染みの声優で挑んでるのですが、コンビネーションがいつにも増して最高でした!!

 

 

クレヨンしんちゃんって、キャラごとに笑いのパート分けがされてるのが素敵だと思うんです。

 

 

しんちゃん:大ボケ

 風間くん:ツッコミ

ねねちゃん:ツッコミ&ボケ

ボーちゃん: シュールネタ

マサオくん:いじられキャラ

 

 

 

今回はこの5人の掛け合いが本当に最高でした!

 

これは即興で組んだ声優パーティでは無理でしょう。もう20年以上同じ人達で仕事してるからこそできる、名人芸が炸裂したなと思いました。

 

 

 

5.ゲスト芸人がクレしんに馴染みすぎて最高!

 

 

クレしん映画といえば、ゲスト声優&キャラクターとして、今が旬の芸人を無理やりねじ込むのが慣習になってますよね?

 

でもそれって制作側の都合だから、観てる方はシラケちゃうってのが難点でしたよね。もちろん声優としての実力は最低。クレしんの世界観を壊されるんで、毎回うんざりしてました。

 

典型的な例ですと、日本エレキテル連合とか

 

 

f:id:Machinaka:20160416152830j:plain

 

クレしんって不謹慎ギャグで笑いをとってるのに、何にも面白くないんですよ。こんなのが出たって、、、。こいつらが出てきた時は、本当にイラっときましたねぇ。

 

 

 

しかし今回は安心して下さい!

 

 

本作のゲスト芸人は、、、

 

 

f:id:Machinaka:20160416152810j:plain

 

 

HEY!!

 

 

とにかく明るい安村さんです!!

 

 

もうねー、これほどクレしんの世界観に合った旬の芸人っていないですよ。

 

 

映画に関係ない ゲスト芸人のシステムは大嫌いだったんですが、今回だけは大当たりでしたよ!!

 

 

 

6. あの恐怖描写が本作で復活!!

 

 

クレしんって、実は恐怖描写が得意だってご存知ですか?

 

 

 

 

 

f:id:Machinaka:20160416153341j:plain

 

 

f:id:Machinaka:20160416153458j:plain

 

子供の時観て、トラウマになったのを覚えてます。90年代のアニメ時代に、結構やってました。お盆前のホラー特集みたいな感じで。

 

 

今でも怖すぎて忘れられません!!

 

 

今回は恐怖描写が見事に復活!!

 

ヘタウマな絵なんですが、それが無機質で怖い映画に仕上がってるんですよねー。

 

 

というわけで、アニメ時代の良いところを全て引き継いで、王道で勝負した最高映画となりました!!

 

 

 

オススメです!!!!

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com