Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

4DX初体験! ガールズ&パンツァー劇場版を観て感じた4DXのメリット・デメリット

こんばんは! Machinakaです。

 

 

今回は、既に劇場鑑賞した映画を4DX版で鑑賞してまいりましたので、その時の感想を書きたいと思います。

 

 

 

本日観てきた4DX映画は、「ガールズ&パンツァー劇場版」です。豊洲で鑑賞してまいりました。なんと、これが初めての4DX体験だったんです!!

https://i.ytimg.com/vi/HufOnxTV2OI/sddefault.jpg

https://i.ytimg.com/vi/HufOnxTV2OI/sddefault.jpg

 

 

 

 

普通の2D鑑賞よりも、3D鑑賞よりも高い料金でしたが、めちゃくちゃ面白かったです。

 

普段はアニメ映画を評論することって少ないんですけど、映画にハマる前はアニメオタクでしたから、何の気兼ねもなくガルパンを見れるのです。ちなみに、2Dだけなら劇場で3回見てますから笑

 

 

ちなみに以下の記事でガルパンの映画に触れています。

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

1. 4DXで見た感想

 

 

最高でしたねー! 

映画を見ているというより、USJのアトラクションに2時間乗っている感じでした。

 

遊園地のチケット代が5000円くらいとするならば、4DXの映画はおよそ半額で楽しめることになり、コスパは高いと思いました。

 

アトラクション乗りたさに何時間も待つことはないし、ずっと座ってられるし、最高だなぁーと思いました。

 

ガルパンだから4DXに最適だったのかもしれませんけど、それは後に書いていきます。

 

 

 

 

 

2.ストーリー重視より痛快なアクション映画が合う!

 

 

文芸映画はもちろんのこと、静かな映画は4DXに合わないでしょうねー。アクション映画なら概ね大丈夫のようにも見えますが、重厚なストーリーがあったりだとかバッドエンドなものとかは合わない気がしました。

 

映画を楽しむというより、映画に出てくるアクションや演出に磨きが掛かった映画などが最適だと思いました。

 

具体的に言えば、車がいっぱい出てくる映画とか、爆発や銃撃が多い映画、とにかく乗り物に乗るアクション映画などが良いと思いました。

 

私としては、ワイルドスピードシリーズとか、007シリーズとかでやってくれるととても嬉しいです。

 

今回のガルパンは、戦車が主体の映画です。映画の作りがストーリーよりも戦車アクション重視なので、ネットでは和製マッドマックスだと言われてもいます。少し的外れだとは思いますが笑

 

長時間戦車が出てくるので、戦車の動きと4DXのシートの動きが完全に連動していて、最高だったんですよね。

 

車などはスピードが速すぎて4DXではついていけない感じもしますが、戦車ならゆっくり動いてくれるので、丁度良い案配だと思います。

 

 

 

 

 

 

3. ガルパンで良かった4DXのメリット

 

上下左右の動き、水や煙、匂いなど、色んな演出が4DXにあると聞いてましたが、今回は想像を上回るトンデモ演出がありました。映画の中身よりも演出に驚いたのが玉にキズでしたが笑

 

 

 

①戦車と全く同じの座席移動

 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tokigawa/20121219/20121219154148.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tokigawa/20121219/20121219154148.jpg

 

 戦車の動きってゆっくりで、縦と横にそれぞれ動くんですよね。

ガルパンの映画でも、上の画像のように戦車の中からの視点でカメラを動かすような演出が多いんです。

戦車が横に動いたら、座席も横に倒れるように動く。

 

また、戦車が山を登ると座席も上向きになる。逆に山を下ると下向きになる。

 

戦車のゆっくりな動きがあるからこそ、4DXの凄さがしっかり伝わってくるのです。

 

 

 

 

②煙演出がナイス!!

 

 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/18/43959c419a65ea2414164e030f5194d7.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/18/43959c419a65ea2414164e030f5194d7.jpg

 

 

戦車が攻撃を受けると期待から煙が、全速力で走ると凄まじい砂埃が舞いますよね。4DXでも煙を出す演出が何回もあったのですが、劇場のシーンとマッチしていて感動しました。スクリーンの白い煙と4DXが出す煙に境目がなくなってきた瞬間、もう最高でした〜。 スクリーンは2次元なのですが、煙の演出によって拡張現実感が帯びてきて、映画の世界に入ったみたいな印象を受けました。これは雨の演出でも同じですけど。

 

 

 

③予想外な演出

 

ハッピーエンドで終わって、エンディングテーマが流れたと思いきや、上から急にシャボン玉が、、、

 

 

http://data3.whicdn.com/images/120474294/large.jpg

http://data3.whicdn.com/images/120474294/large.jpg

 

せいぜい煙や水が出るだけだろうと思っていたのですが、まさかシャボン玉だとは、、、

 

この演出が使えるのも、ハッピーエンドな時だけだと思います。

あまりの驚きに口が開きっぱなしだったので、何個かシャボン玉を食べてしまいました笑

 

 

 

4. デメリットもあった、、、

 

 

 

①煙にはご注意

 

これは座席にも関係してると思うんですが、煙の勢いと密度が凄くて、前の方の席ではスクリーンが見えなくなっていました。なぜなら、煙は前からしか出ないからです。私は前から2番目の列だったのですが、一番前の人は煙を払っていましたからね笑

せっかくの名シーンが煙で台無しってこともあると思います。混んでてもB−C列の方が良いかもしれません。

 

 

②揺れすぎてストーリーが頭に入ってこない

 

激しい揺れや様々な演出によって、スクリーン以外にも楽しめる要素が増えました。しかし、大きく頭が揺さぶられるので、ストーリーに深く入れない欠点もありました。

2Dでストーリーを頭に入れてから、4DXで見るのが良い見方だと思います。スターウォーズでも4DXを上映してましたが、チューバッカの悲痛と雄姿に感動できなかったら映画の意味ないですもん。

 

③乗り物酔いしやすい人は無理かも、、、

 

普通の揺れるアトラクションと違って、2時間の長丁場を断続的に揺られ続けることになるので、乗り物酔いしやすい人はキツいかもしれません。途中退出して再入場される方が多かったのですが、あれは吐きにいったのではないかと思うのです笑

 

私は車に揺られても飯食いながら本読めるタイプなので全く問題ありませんでしたが、ポップコーンなどの脂っこいスナックを食べながらだと、気持ち悪くなってたかもしれません。

 

 

また、劇場によっても演出の違いはあるようで、「横浜で見たときより激しかった」と呟いていた人も。

 

メリット・デメリットありますが、乗り物耐性に強い人は、オススメです!

 

 

以上です!!

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com