読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

飲み過ぎ注意! 愛すべきバカ達に会いにいこう! 「ハングオーバーpart1-3」批評

 

 

 

 

 

http://www.edgewoodyachtclub.com/wp-content/uploads/2016/01/beer.gif

http://www.edgewoodyachtclub.com/wp-content/uploads/2016/01/beer.gif

 

見るだけで喉が渇く画像ですね。人類最大の発明ですよね、お酒って。

私がブログを書いている今にも、世界中で飲まれている魔法の飲み物です。Machinakaも大好きです。

しかし、飲み過ぎには注意ですね。私も幾度となくお酒に飲まれてきました。ひどい時には駅のホームで寝ていて、記憶がなかったことが何回もありました。

今日ご紹介する映画は、酔っ払いが主人公の映画です。

 

 

「ハングオーバー / Hang Over」

 

http://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/33/31/334235view003.jpg

http://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/33/31/334235view003.jpg

 

シリーズ1−3まである、二日酔いサスペンンス映画です。

 

まずは予告編をご覧ください!

 

 


映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』予告編


ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える


映画『ハングオーバー!!! 最後の反省会』本予告編映像

 

1. ありえない設定、ぶっ飛んだバカ!!

 

簡単なあらすじは、「飲み過ぎたおバカな男3人衆。二日酔いで起きたら、部屋がとんでもないことに・・・」

 

飲み過ぎで記憶なくなることってあると思うんです。「お前昨日大変だったぞ。。。」と友達から教えられて、ゾッとしたことってありますよね。

 

この映画のオープニングは、二日酔いの目覚めから始まります。

映画でお酒が出てくることがあっても、二日酔いがメインの映画ってないですよね!

 

飲み過ぎで記憶がなくなっていた間に何があったか?

ネタバレは避けますけど、大体こんな感じのシークエンスで始まりますw

 

http://movie.kamera-life.com/wp-content/uploads/hann.jpg

http://movie.kamera-life.com/wp-content/uploads/hann.jpg

 

第1作目は、アメリカ映画にしては格安の3500万ドルの制作費に対して、4億6000万ドルを稼いだ驚くべき興行収入を挙げた映画です。

 

アメリカに限らず世界中で大ヒットしたのにも関わらず、日本では公開する予定がないと配給会社が決定してしまい、映画ファンの中では大きな騒動になっていたみたいです。

 

全体的に日本って洋画の配給遅めですけど、本当にいい加減にして欲しいですよねーー。なんと勿体ない。

 

 

ただし、part3だけお酒を飲むシーンが映画の中に出てこないため、part1と2とはかなり趣旨が違う映画になっております。

個人的には、part2>part1>>>>>part3ですね。

シリーズとしての締め括りを見たい人は、3まで見てください!

 

 

 

 

 

 

2. 無名の3バカトリオで作った映画

 

 

3人の酔っ払い男の暴走から成り立っている映画なんですが、そのキャストは全員ほぼ無名の俳優さんでした。日本で公開しなかったのも、この影響かと。

 

 

まずは、ブラッドリー・クーパーさん。

http://pic.prepics-cdn.com/tatulfy01/17156474.jpeg

http://pic.prepics-cdn.com/tatulfy01/17156474.jpeg

 

今では超有名俳優さんですけど、この映画に出る前は、ほとんど知られてなかった人なんですよ。

イーストウッド監督の「アメリカンスナイパー」のクリス・カイル役に大抜擢されて、一流俳優としての位置を確実なものにしましたね。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201502/22/13/a0332213_12153735.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201502/22/13/a0332213_12153735.jpg

 

右がブラッドリー・クーパーですが、本当にそっくりですねー。彼がこの映画で一番の出世頭になりました!

 

 

 

次に、ザック・ガリフィアナキスさん。

 

http://stat.news.ameba.jp/news_images/20140508/12/bf/7e/j/o04420640bradleycooper_large.jpg

http://stat.news.ameba.jp/news_images/20140508/12/bf/7e/j/o04420640bradleycooper_large.jpg

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/201107/24/14/a0037414_19104348.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201107/24/14/a0037414_19104348.jpg

 

こいつのせいで毎回大惨事になってしまうんですよねーー笑

40歳なのに親のすねをかじっているニートです。

 

 

最後に、エド・ヘルムズさん

 

f:id:Machinaka:20160331225404j:plain

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/18/EdHelmsJune09.jpg/190px-EdHelmsJune09.jpghttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/18/EdHelmsJune09.jpg/190px-EdHelmsJune09.jpg

歯科医を経営しているエリート、、、のはずが、悪友たちのせいで人生めちゃくちゃにされます笑

 

 

 

3. みんなで見て爆笑してください

 

最近になって映画を見始めた私にとっては、こんなおバカ映画こそ、映画館で見たかった。。 悔やんでも悔やみきれません。この映画をリアルタイムでご覧になられた方は、さぞかし楽しい劇場鑑賞をされたんでしょうねー。

 

 

最初は驚きの設定に戸惑うかもしれませんが、各所に散りばめられた笑いに腹を抱えること間違いなしです。

 

単なるコメディではなく、記憶がない間に何があったかを探していく謎解き映画としても優秀なんですよね。

 

一人で観るよりも、出来るだけ大人数で見た方が良い映画です。是非ともご覧になてください!!

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com