Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

おもちゃのせいで泣いてしまった。 「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」批評

f:id:Machinaka:20160319154352j:plain

 

 

 

 

こんにちは、machinakaです。今回批評するのはこちらの映画

 

 

「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」

 

ドラえもんについては、みなさんご存知のことですし、さっくり感想を述べたいと思います。

 

1. テレ朝発、2大アニメ大作としてのドラえもん映画

 

昭和から春休みの時期に毎年映画を作っているドラえもん。また、平成に入ってからはクレヨンしんちゃんがゴールデンウィークに映画を公開するようになり、子ども時分の私はどちらの作品も楽しみにしてきました。

 

友だちと、どっちが面白いかなんて話もしましたね。残念ながら私はクレヨンしんちゃん派なんですけど笑

 

2作品とも、テレ朝系列なんですよねー。金曜日の夜は必ずドラえもんとクレヨンしんちゃんでした。今も同じ時間枠なのかな?

 

というわけで、日本アニメ映画を語る上で外せないのがドラえもんなのです。その分観客がかける期待も大きいんですけど。

 

 

 

 

 

2. 最近はリメイクばかりで、正直呆れてました。

 

日本に限らず世界的に、アニメ映画をリメイクするのが流行っています。ディズニーみたいに実写化をするのではなく、ドラえもんの場合はあくまでもアニメですけど。

 

しかし、単なるリメイクだと面白くないし、むしろ改悪してしまう傾向にありました。

 

改悪で有名なのは、スタンドバイミー、ドラえもん。

3DモデリングのCGでドラえもんを作ったという、極めて異作。

 

movies.yahoo.co.jp

 

ストーリーも使い回しで、ドラえもんの神回である、「ドラえもんと別れる話」「しずかちゃんの結婚前夜」の二本立てでやりました。

 

 

もう、このあらすじから分かる通り、最低の改悪映画ですよね。ストーリー二本立てってのも、映画としてのまとまりがないし、新しいものを作ろうとする気概がまるでない。金儲けのためだけに作られた映画ですよ。あー、監督の名前を知りたいもんだ。。

 

こんな問題映画もあったので、今回はほとんど期待せずに観に行きました。

 

 

 

 

 

3. 子ども時代を思い出して感激

 

結論から言えば、すごく楽しめました。

 

 

 

まず、おまけとしてついてきたおもちゃ。

 

f:id:Machinaka:20160319154541j:plain

 

子どもの頃、父親に連れていってもらってこのおもちゃを貰ってました。

今どきこんなおもちゃなんて、子どもは喜ぶのかなーと思いましたが、私みたいなアラサー世代には涙モノでした。

子どもの頃と同じく、上映前に袋から取り出して遊んでました!!

 

もちろん1人で観に行きましたけどねw

 

 

アニメの内容もとても良かった!

 

できるだけセル画を使って、昔ながらの方法でアニメを作ってましたね。

 

今どきのアメリカアニメでは絶対に観れないですからねー。

 

感動したポイントは、何とお母さんでした。

 

今回はお母さんが泣かせてくれます!!

 

というわけでさっくり解説ですいませんが、ではでは!!

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com