読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

構えるな! ただ感じろ!! 「ザ・ウォーク / The walk」批評

アメリカ映画 絶賛回 実話ベース

 

こんにちは! machinakaですー!

 

今回批評するのはこちらの映画!!

 

 

「ザ・ウォーク / The walk」

 

 

f:id:Machinaka:20160123152239j:plain

 

はい、ロバートゼメキス監督の作品でございます!!

 

こちらの映画の批評、感想、レビューを行っていきます!


映画『ザ・ウォーク』予告1 2016年1月23日(土)公開

 

話は簡単です。

 

1974年、当時は世界最高峰であった411mのワールドトレードセンタービル2棟の間にワイヤーロープを掛けて、非公式で綱渡りをするということ。

 

⒈監督について

 

 

監督はロバートゼメキスさん。  バックトゥーザフューチャーシリーズを始め、フォレストガンプではアカデミー賞を受賞した実力者です。

 

彼のフィルモグラフィーを見てわかる通り、VFXを駆使した撮影に長けており、長年観客を驚かせてきました。

 

 

⒉見どころ

 

今回の映画ですが、これだけはハッキリ言えます。

 

 

 

 

 

IMAX3D以外では観るな!!!

 

 

何たって、今回はIMAX3Dで上映することを念頭に置いて撮影を行っているからです。

 

そのため、2Dで観たけどつまらなかった、なんて批評は全くアテになりません。間違った映画の見方をしているでしょう。

 

地方の方は大変かもしれませんが、遠方まで行っても良い映画館で観ていただきたいと思います。

 

最近流行りの実話物語ではありますが、今回はグリーンバックで撮影を多用していたりしています。

 

もちろんですが、今回の綱渡りは特殊効果で取られています。

 

しかしそんなことは面白さとは関係ないのです。

 

本作は、IMAX3Dの特性を最大限活かして撮影をしています。

 

3. 3D映画と綱渡りの親和性

 

そもそも3D映画は、ジェームズキャメロンのアバターから始まった映像技術になります。大スクリーンで3Dで観れるので、アバターは世界歴代興行収入で一位を誇っています。それくらい世界的に注目されていました。

 

しかし、アバターを超えた3D作品があったでしょうか? ないですよね。  3Dで撮れば儲かるわけでは無いのです。

 

3Dにする技術はあっても、映画として3Dを見せて観客を満足させるには、時間を要したのです。

 

 

そしてついに本作が登場し、3Dで上映する意義が生まれました。

 

3Dの最大の効用は、何たって立体感です。奥行きです。この映画では、ビルとビルの間に吊るされたロープの奥行きが、映画に没入感を与えます。

 

今まで沢山のIMAX3Dを見てきましたが、こんなにも近くに物体がある感覚は初めてでした。主人公がビルに吊るしたロープが、自分の眼の前で吊るされているような距離感なんです。

 

1回手を振って触ろうとしてしまいました笑

 

 

また、奥行き感であれば、空中からビルまでの遠近感が凄い。

 

まるで自分もロープにいるような感覚。落ちるんじゃ無いかと、1人怯えてしまう。高所恐怖症にはオススメしません笑

 

いや、恐怖をより感じれるからある意味オススメかもしれません。私は高いところ大好きなので、恐怖よりワクワクドキドキが勝りました。

 

 

IMAXは映画館の中でも1つしかないので、運営側はどの映画を上映するかとても慎重に選んでいます。

 

普通なら長くやってもいいと思うのですが、今はスターウォーズが上映しているのです!!    このIMAX3Dもとっても素晴らしい。公開初週に本作を観ることをオススメします!!!

 

 

4. 綱渡りシーン以外は、とっても真面目な伝記映画

 

 

あくまでも実話物語なので、実在した綱渡り師 フィリップさんの人生を振り返りながら、最後の綱渡りに挑戦します。

 

彼の生まれたパリでの話から、サーカス団に侵入して修行する過程。仲間を誘う過程。ビックリするくらい大人しいです。演出なんてものはほとんど無いんじゃ無いでしょうか。

 

これは、おそらくフィリップ氏へのリスペクトがあるのだとおもいます。主演を務めたジョセフ・ゴードン・レビットは、フィリップ氏に当時の綱渡りの話を熱心にヒアリングし、綱渡りの技術指導もお願いしたようですから。

 

綱渡り以外はとても地味な内容ですが、所々に笑えるシーンを挟んでくれて、飽きさせない作りになっています。これだからアメリカの伝記映画は面白いんですよね。ちゃんと娯楽作品としても観れるようになっている。

 

 

⒋映画の感想

 

まず最初のシークエンスで皆さんは圧倒されるでしょう。

 

これでもかとどアップに映されるフィリップ演じるジョセフの顔。その顔の立体感、直ぐそこまで来てる感覚が、凄い。

あぁこの映画は、3Dを存分に活かした作品なんだ。3D以外では観るんじゃねぇぞ。そう訴えているような気がしました。

 

 

とにかくね、綱渡りのシーンはドキドキハラハラ、そして恐怖ですよ!  眼前まで迫り来るワイヤーロープ! 

 

こればっかりはブログで伝えられないのが残念です。

 

もう観るしかないんです、皆さん。

 

 

映画史上でもこれだけ3Dの特性を活かした映画間はありません。

 

 

超オススメです!!!

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com