読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

映画ではないが、映画館で観るべき !「 電気グルーヴ the movie?」批評

 

 

こんにちは、machinakaです。

 

今回批評するのはこちら、

 

 

「電気グルーヴ the movie?」


映画「DENKI GROOVE THE MOVIE ? ―石野卓球とピエール瀧―」予告編

 

 

 

若い人は知ってるのかな?

 

テクノ、エレクトロ音楽で一世を風靡した電気グルーヴの映画でございます。

 

 

 

 

 

 

1.  監督

 

 

監督は大根仁さん。昨年ではバクマンの監督をつとめました。

 

私のブログでも大絶賛しました。

 

 

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

現在は福山雅治さんが主演で、パパラッチ記者を演じる映画を撮影中とのことです。

 

娯楽映画を作ることにかけては超一品の監督です。

 

 

大根さんがTBSラジオで語っている音源がありましたので、貼っておきます。

 

 

 

 


12/26公開映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?』を語る【大根仁×ピエール瀧】

 

 

 

 

2. 私と電気グルーヴ

 

残念ながら、私は90年代前半の音楽は知りません。その時はまだ幼稚園児であったからです。90年代後半になり、CDを買い出したときでさえも、電気グルーヴというアーティスト名は記憶にはあったけど、あまりよく知らないというのが実情です。

 

90年代はバンドブームだったし、J-popの黄金時代でしたからね。申し訳ないですけど、電気グルーヴの良さを知る機会はなかったのです。

 

では何故私がブログを書くまで、電気グルーヴを好きになったのか。

 

それはTBSラジオの影響なんです。

 

電気グルーヴのメンバーであるピエール瀧さんは、現在たまむすびで木曜パーソナリティーを務められています。

 

トークの内容はとても面白く、いつもつるんでいる仲間を見ると、サブカルな人なんです。私もサブカル派だったので、好き好んでラジオを聴いてました。

 

 

私としては、いつもラジオで聴いてる面白いおじさんの歴史を観に行こうよ、といつまたスタンスです。

 

 

3. 映画の内容

 

 

まずこの映画は、劇映画ではなくドキュメンタリーとなっています。膨大な資料映像を惜しみ気もなく公開し、レコード会社や雑誌編集者のインタビューを通して、歴史を振り返る内容です。 

 

最初に、フジロックフェスティバル2014の映像が流れます。

 

電気グルーヴは他の有名海外アーティストを差し置いて、ヘッドライナーとして出演している日本人でここまでやるのは凄い。

といった内容のメッセージが流れるとともに、電気グルーヴは凄いんだ! というメッセージが込められています。

 

 

すると、突然時代は1989年に。 電気グルーヴの前身である「人生」というテクノバンドの歴史を語っていきます。

それから、とても忠実に時系列を辿っていき、2014年まで話を戻していく、という内容になっております。

 

インタビュー➡︎ライブ映像

インタビュー➡︎CDを流す

 

の連続。しかもインタビューする相手は少ないので、単調に感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、インタビューの内容が面白く、音楽はテクノ&エレクトロなので飽きることはありませんでした。

 

私にとっては、瀧さんの昔の映像が観れたので満足してました。

 

 

3.唯一覚えていた名曲にカタルシスを感じた

 

 

先にも述べた通り、電気グルーヴのCDは買ったこともありませんし、itunesでも聞いたことはありませんでした。

 

 

 

しかし、ある曲が流れた瞬間鳥肌が立ちました。

 

 

 

 

 

Shangri-La

Shangri-La

  • 電気グルーヴ
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

確か当時、CDランキングで上位に入っていたので、ずっと耳に残っていたんです。

テレビでバンバン流れていたし、綺麗な歌声だったので、ジャニーズの誰かが歌ってるんだろう、とずっと勘違いしていました。

 

しかしこれは紛れもなく電気グルーヴの曲だったのです。

 

 

アーティストは知らないけど曲は分かるってこと、結構あると思うんです。

 

 

私にとっては面白いおじさんに過ぎなかった瀧さんが、こんな歌を歌ってるなんて知りもしませんでした。

 

というわけで、下調べゼロで観に行って大正解でしたね。もしウィキペディアで調べたり、YouTubeで曲を調べていたら、映画館で受けた感動はなかったでしょうね。

 

 

90年代のあの時を振り返りたい人、TBSラジオ好きには大変オススメです!!

 

 

 

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com