読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

好きな映画があるけどカッコいいTシャツがない… 映画Tシャツを自作してみよう!!

はい、こんばんは! Machinakaです。

 

最近映画批評が続いていましたので、まじめな批評から離れてお遊びねたでも書いてみましょう!

 

 

 

私は映画Tシャツが大好きで、普段は通販サイトで買っています。

 

日本のショップですとスターウォーズなど超メジャー映画しか商品化されていないので、アメリカの通販サイトなどで入手したりします。

例えば昨年公開されたGuadians of the GalaxyのTシャツを検索してみましょう。ALL POSTERというサイトをいつも利用していますが、下のTシャツなんかは僕も購入したものです。

 

ちょっと派手ですけど、映画館に行くときはこういう格好して行くのが好きなんですよねー。

 

あと、映画のキャラクターデザインが非常にしっかりいるので、普通のTシャツよりプリントが格好良かったりします。

 

f:id:Machinaka:20151103174523j:plain

 

guadians of the galaxyなどはアメリカで大人気でしたので、色んなタイプのTシャツが販売されています。

 

しかし、商品化される映画などごく少数です。

自分が好きな映画のTシャツがないことなんてザラにあります。

 

 

大好きな映画のTシャツがない、、、、簡単に諦めきれませんよね。

 

解決策は一つ! 

自分でTシャツを作ること!!

 

そこで、今回は自作Tシャツをデザインから、印刷の発注までの流れをお教えします!!

 

 

 

と、その前に、、、、

 

  • 著作権的に映画Tシャツは作れる??

 

映画のタイトルやキャラクターなどは全て、映画制作会社に著作権が帰属します。もちろん、公式のTシャツは版元から許可を得ているので著作権的には問題がないのです。

 

だったらTシャツを自作する我々も著作権の問題をクリアしないといけないのか? 

 

大丈夫、個人利用のみなら問題ありません!

 

自作したTシャツを大量に発注し、他人に売りつけると大問題になりますので、気をつけて下さいね!!

 

あくまでも個人利用です!!

 

 

 

 

  • では早速デザインに取り掛かろう!

 

使うのはPhotoshopとIllustratorです。バージョンは特に指定はありません。

 

①イラストを描くネタさがし、、、

 

今回はバットマンを題材に、Tシャツを作っていきたいと思います。

リアルなバットマンだとスケッチが難しいので、カワイイのを選んでいきます。

 

f:id:Machinaka:20151103182305j:plain

 

好きな画像が見つかったら、それを参考にしてスケッチを描いていきます! 線を描くなら断然Illustratorの方が合ってます。

 

もしスケッチが苦手な場合はIllustratorのライブトレース機能もありますから、元画像をなぞるようにして線を描けばどんなに絵心のない人でも絵を作れます。

 

バットマンのキャラ設定を考えて背景は漆黒にしました笑。

f:id:Machinaka:20151103182945j:plain

 

画像を元に、キャラクターを形取る線を描いていきます。今回は白線です。

f:id:Machinaka:20151103183102j:plain

 

輪郭線と黄色を加えて、一応形にはなりました!!

 

f:id:Machinaka:20151103183145j:plain

Illustrator内で画像を保存します。後で説明しますが、印刷の関係で、背景の黒が見えないように黒色を透明にしてPngで出力して下さい。

 

 

これだけだと寂しいので、文字や特殊効果を入れてみたいと思います。そんなときはPhotoshopの出番です!

 

 

出力した画像をPhotoshopで開き、 文字や特殊効果を付けます。

 

今回は一番上に「DARKNESS」の文字。バットマンの周りにレゴブロッグを彷彿とさせる四角いブロックをつけていきます。

 

f:id:Machinaka:20151103183812j:plain

 

完成したら、同じくPNG画像で保存します。

 

 

  • どこに発注する?

自作Tシャツのプリントは、色んな業者がネットで簡単に印刷代行を行っています。

 

今回は、ユニクロのオリジナルカスタマイズにて、発注したいと思います。

www.uniqlo.com

 

一番安く仕上がるのがインクジェットプリントでの作成になります。

 

f:id:Machinaka:20151103184517j:plain

 

次に商品の選択。今回はTシャツの作成ですので、一番下の半袖Tシャツをクリック。

 

f:id:Machinaka:20151103184544j:plain

 

次に、加工位置を選択。 派手に作りたいので一番大きいサイズを選択します。指定したら、「デザインを作る」ボタンを押します。

 

f:id:Machinaka:20151103184906j:plain

 

 

 

f:id:Machinaka:20151103185015j:plain

 

ここに、先ほどPhotoshopで作った画像を挿入しましょう。

f:id:Machinaka:20151103185233j:plain

 

ここまで来るとお分かりでしょうけど、背景色が付いている画像の場合、Tシャツの色と異なるため非常に違和感があります。

例えば黒のTシャツに黒の背景色が入った画像を入れると、Tシャツと画像の黒の色が異なるため、2種類の黒が印刷されてしまいます。

Tシャツのインクは四角形にプリントされるため、四角形の背景色を入れたくない人は、必ず透明画像(PNG)を使って下さい。

 

 

出来上がりのデザインはこんな感じです。なんだかちょっと感動しますよね

 

f:id:Machinaka:20151103190521j:plain

 

クレジットカードで代金を支払い、1周間掛かって無事に到着しましたー。

Tシャツ500円+印刷代2000円+送料+消費税で、3000円弱くらいだと思います。

 

 

f:id:Machinaka:20151103190615j:plain

 

f:id:Machinaka:20151103191233j:plain

 

レゴブロックのデザインが詳細に印字できていないのが残念。。。けどタイトル文字や白線は綺麗に出ていましたので、ひとまず安心ですーーー\(^o^)/

また、背景色が透明でプリントしたので、Tシャツの黒と見事に溶け込んでいますねーーー。 

 

ダーーークネス!!!!!

 

 

 

  • 難しそうに見えて、、、、

 

自作Tシャツは難しそうにみえて意外と簡単です。

便宜的にIllustratorとPhotoshopを使いましたが、フリーソフトでも問題ありません。

好きな作品に出会ったとき、何か形にしたい! 常に身に着けていたい! そう想った時はこちらの記事を参考にして下さいませ!!

 

 

 

あなたの1クリックが、新しい記事を作ります!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com