読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Machinakaの日記

新作映画の情報・批評を、裏ネタ満載で包み隠さずお届け

年間ベストが決定しました! 必見! machinaka.hatenablog.com

NHK連ドラ「まれ」は、ジャンプの後ろから2番目ぐらいに載ってる漫画みたいになってしまった。

テレビ

 

f:id:Machinaka:20150902005751j:plain

 

どうもこんばんは!

Machinakaです。

 

今日はドラマの話をしたいと思います。

 

実は、私NHK連ドラの「まれ」を最初から見続けているのです。起きれない時があるので、念のため録画しています。

 

その「まれ」ですが、もう観ているのがきつくなりました。。。

 

 

「本当につまらないんです」

 

もう我慢できない。この悲しみを聞いてほしいと思ってブログにします。

 

ストーリーが完全に迷走しているだとか、ヒロインがケーキを食いすぎて太っただとか、結果視聴率が下がっただとか、まれに関しては連日悲報が流れてきますね。

 

私としては、視聴率がもっと下がってもいいのでは!? と思えるほどつまらなくなってしまいました。視聴率がピークの時は20%でしたが今は18%、約2%しか下がってないのです。

 

それはおそらく、ほぼ毎日まれを観ているから。連ドラは月曜から土曜まで毎日放送しています。つまらないと思っても、まれのケーキ屋の夢は叶うのか?と気になりながら毎日なんとなく15分を使う日々。どんなにつまらないものでも、ずっと見ていれば惰性で見てしまう。それはまるで、ジャンプのつまらない漫画を毎週見ているような感覚なのです。どれだけつまらなくても、毎週買ってるから、立ち読みしているからついつ読んでしまう。

 

 

脚本は篠崎絵里子さんだそうです。主に1クールのドラマを作ってきたみたいですが、なんと脚本はこの方一人!! そりゃあダメになるわけです。もっと議論して脚本にメスを入れる時間はなかったのか。

 

「夢の実現」がテーマなのは分かります。でも、まれは「夢」を描いているのではなく、「夢物語」を描いているんです。

 

特にまれは本当におかしなキャラクターです。環境に恵まれすぎて、まったく感情移入が出来ません。

 

・「世界一のパティシエと偶然出会い、気に入られてフランス修行まで打診される」

・「おばあちゃんが最強のパティシエ」

・「好きな人と結婚して、その夫が超絶イケメンで妻に一途な優男」

・「みんなから愛されて敵がいない」

 

ドラマとはいえ、こんな幸せな環境ってあるでしょうか。しかも最近は、「夢を叶えるためには、犠牲は必要ないんだ!」というなんとも絵空事を描いているのです。これはパティシエもやるし漆塗りの女将もやる!という意味ですが、こんな綺麗すぎる話ってありますかね。 どうしても「まれ」だけに幸せが集中し、脇役は幸せになれないのです。特に「陽一郎」くんの不憫さったらないです。あれは完全にいじめですね。

 

まれのダメさ加減は、最初から観ている人が心得ているもの。次回作の連ドラには本当に期待したい。そのためにも、確固たる理由のもとに「まれ」を批評しなければならないのです。

「まれ」のダメなところは、ストーリーだけに留まりません。次回は「まれ」の「超絶ダサダサ演出特集! 初心者マークは服に付けるもんじゃねぇ!!編」について書きたいと思います。

 

後編はこちからから!!

 

 

machinaka.hatenablog.com

 

 

 

 

 

Copyright ©2015-2016 machinaka.hatenablog.com